主人公がどのような成長を遂げるのか、恋愛がどのように展開するのか、目が釘付けになります。

成長や恋愛の要素

努力や訓練によって人が成長して行く姿には、誰もが感動や尊敬の気持ちを抱くでしょう。

 

主人公へ感情移入出来るマンガであれば、その気持ちはより一層高まります。
モンキーターンもそれに該当しており、主人公の成長は言い表せないほどの充実感を覚えるはずです。

 

それだけでなく、そこに恋愛要素も加われば人気が出ない訳がありません。
主人公の成長恋愛の要素、これがモンキーターンを支える人気の一因なのです。

 

どのような成長を遂げて行くのか、恋愛の展開がどうなっているのか、モンキーターンのキャラを深堀りしてみたいと思います。

 

 

苦難を乗り越え成長する波多野憲二

成長する主人公

主人公は最初、競艇をまったく知らないド素人の状態から始まります。
当然ボートレースなどやったことがありませんし、知識すらほとんどありません。

 

そうした中でいかにして競艇選手として成長して行くのか、その過程をまとめて行きたいと思います。

 

主人公の成長過程

まず、主人公は高校を卒業後に競艇の研修所へ入ります。
難しい試験がある中、主人公は努力と高校野球で培った集中力と動体視力で乗り切るのです。

 

ここで光る才能を見せつけた主人公ですが、研修所では失敗ばかりしてしまいます。

 

何度も転覆を繰り返すことから、転覆王という不名誉な称号まで付けられてしまうのです。
しかし、訓練を続けモンキーターンを取得し、見事に研修所のレースで1位を獲得するまで成長しました。

 

その後はプロの競艇選手となり、ここからさらに成長して行きます。

 

競艇業界ではグランプリという最高峰のレースがあるのですが、これを目指して主人公は奮起するのです。

 

このグランプリに出場するまでに、主人公は事故で選手生命を絶たれるような重症を負います。

 

それでも、懸命にリハビリを行い競艇選手として復帰し、グランプリへと挑戦します。

 

努力と苦難、成長と飛躍を繰り返して主人公が成長して行く姿は圧巻です。

 

主人公・波多野憲二の魅力とは?

 

 

見逃せない恋愛要素

もうひとりのヒロイン青島

主人公の波多野憲二には、実は2人の恋人候補が居ます。

 

1人は隣の家に住む幼馴染で、モンキーターンのヒロインである生方澄です。
勝気な性格ですが面倒見が良く、主人公のことを見守っている王道ヒロインなのです。

 

高校までは恋人と変わらないような距離感で接していましたが、主人公が競艇の研修所へ入ってからは疎遠になりがちでした。

 

はっきりと恋人同士にもならず、付かず離れずの距離感には多くの読者がヤキモキしたでしょう。

 

もう1人の恋人候補となるのが、競艇の研修所で同期になった青島優子です。

 

同じ競艇選手を目指す者同士ということもあり、距離感は一気に縮まって行きます。

 

父親の莫大な借金を返済するために競艇選手になるという重たい過去も背負っており、そうした部分が主人公を引き寄せてしまうのです。

 

ここにライバルである洞口雄大が加わり、恋愛関係は四角関係に発展してしまいます。
くっついたり離れたり、そんな恋愛要素もモンキーターンの魅力でしょう。

 

TOPへ